entry

Web0.2的サイトの構築

date: 2006/12/16 15:09 | modified: 2009/03/28 08:03

概要

Web2.0[1]という言葉はまるで,20世紀から見た21世紀のような夢のあるものに思えます.しかし21世紀になって数年が経過する今,空飛ぶ車は発売されていないし,ロボットが人権を求めて革命を起こすわけでもないし,描いた未来はまだまだ遠そうです.最近のメディアでの取り上げられ方を見ているとWeb2.0も,Web1.0の世界から見た21世紀のようなもので,追っても追っても到達できないツェノンの背理[2]的概念のように思えて仕方がありません.

まあ,前フリはこの辺にしておくとして,このエントリーのタイトルの「Web0.2」です.未来にあたるWeb2.0に対して現在がWeb1.0ならば,過去はWeb0.2ということになりませんか?(ということにしませんか?) GoogleでWeb0.2を検索をしてみると,同じようなことを考えた人や,単にWeb2.0の誤字などおよそ2万件がヒットします.

過去を懐かしむ感じで,Web0.2的サイトを構築してみました.Web0.2知識を全投入して,短時間で作り上げるのがポイントです.こだわりだしたら際限がありませんので.

Web0.2スタンダードへと到達するための指針,10項目

  1. ウェブデザインじゃなくてホームページ作り
  2. Windowsのメモ帳で作ろう
  3. DOCTYPEの宣言なんて,当然するはずもない(とはいえ一応HTML4.01準拠の方向で)
  4. スタイルシートを使わずに,タグの属性でデザインする
  5. フロートレイアウトではなくてテーブルレイアウト
  6. テーブルを入れ子にするとなお良し
  7. blinkやmarqueeなんかも使っちゃう
  8. 閉じるべきタグも,むしろ閉じない
  9. FTPにて手動でアップロードする
  10. Another HTML Lintでマイナス点を取る(これであなたもWeb0.2 Validです)

さっそく制作開始

とりあえず,フォルダの中にテキストを新規作成して,「index.html」にリネーム.
拡張子は「htm」もあるわけですが,自分は「html」派でした(どうでもいい情報)

gerenuk_homepage_ss

さあさっそくタグ打ちです.タグ名は大文字,属性名は小文字で書きます.
最低限,HTML,HEAD,TITLE,BODYタグはちゃんと打つ
そして伝家の宝刀,TABLEタグによる壮絶なレイアウト.
widthとheightを100%にして,alignを中心部に設定.これはすごい外道!
久々にFONTタグを打つ.
確かsizeは単位がいらなかった気がする(もうこのあたりで記憶の限界)
ちょっとカンニングする(一番最初に作ったサイトのソースを引っ張り出す)
ああ,そうそう,BODYタグにリンク色とか背景色とか指定してたしてた.
BRタグを連続して使う.
ついでに,カウンターの決まり文句もつけてみる.
リンク先の名前のみだけではなく,その前後の文章に対してAタグを当てはめる.
(中略)
たいしたコンテンツもないのに,All Rights Reservedしてみる.

できた……完璧なまでのWeb0.2サイトで自分でも怖い.
最後は皆さんお馴染み,FFFTPによってアップロードすれば完成.

そして完成

完成したサイトはコチラ

<HTML>
<HEAD>
<TITLE>gerenukのホームページ</TITLE>
</HEAD>
<BODY bgcolor="#FFFFFF" text="#505050" topmargin="10" link="#cc0000" vlink="#800000" alink="#ff0000" >
<TABLE width="100%" height="100%">
<TR><TD align="center" valign="middle">
<FONT size="2" color="#999999">
<FONT size="6">ゲレヌクのホームページへようこそ</FONT><BR>
<HR width="50%" color="#999999">
<MARQUEE width="320"><BLINK><FONT color="#CC0000">あなたは○○○人目のお客様です!</FONT></BLINK></MARQUEE>
<HR width="50%" color="#999999">
<BR><BR><BR>
<TABLE border="1">
<TR><TD><S>プロフィール</S>(工事中です)</TD><TD><S>リンク</S>(工事中です)</TD><TD>秘密の部屋</TD></TR>
<TABLE>
<BR><BR><BR>
<A href="http://gerenuk.crazyphoto.org/">gerenuk本家はこちらです</A>
<BR><BR><BR>
<HR width="50%" color="#999999">
Copyright (C) 2002-2006: gerenuk All Rights Reserved.
</FONT>
</TD></TR>
</TABLE>
<!-- 恥ずかしいからソースを見ないで下さい! -->
</BODY>
</HTML>

Web0.2との邂逅

皆様お楽しみいただけましたでしょうか? 最初にも書きましたが「Web0.2的サイトの構築」を楽しむコツは,短時間で仕上げることと真剣にやること,この2点です.凝り始めるとHTMLタグの属性値を調べたくなるわけですが,よく考えるまでもなく,今後の自分にとって得にならないのでやめておきましょう.

validなHTMLを書ける人間は,それと同時にinvalidなHTMLも正確な認識の下に書くことができないとなりません.あえてWeb0.2的サイトを作ることで,今の自分の技量を見定めてみてはいかがでしょうか? そういう深いテーマがあったりなかったりするわけです.安易にWeb0.2的サイトを見下してはいけません.それはウェブデザイナーの誰しもが,つまりは自分が通過してきたはずの,過去のウェブスタンダードだったのですから.

  1. 「次世代のWeb」を漠然と総称する言葉,とのこと. [back]
  2. ゼノンのパラドックス,とも. [back]

関連記事

4 responses

reply

#797: Kondratov

date: 2008/11/06 12:55:47

Actually, quite frankly, the commentary is more interesting messages themselves. (Not to insult the author, of course:))

reply

#828: Gamer

date: 2009/04/24 07:36:45

Thanks!

reply

#830: mizo

date: 2009/05/13 18:08:06

このエントリそのものが、見た目はいつもと同じなのに0.2的書き方になっていたら脱帽だな、と思って、思わずソースを見てしまいました。

#1389: Judy

date: 2011/05/04 20:13:54

Fell out of bed feeling down. This has brigtehned my day!

respond