entry

ひだまりスケッチ・4コマスイッチ

date: 2007/03/18 20:29 | modified: 2007/07/11 10:01

ひだまりスケッチ」のアニメにハマっています.

憧れのやまぶき高校美術科に、見事合格したゆの。自宅から遠いため、学校の門前にあるアパート「ひだまり荘」に住むことになった。
隣室で同級の宮子、階下に住む上級生のヒロ・沙英とともに、4人が巻き起こす楽しくもにぎやかな日々を描く。

ひだまりスケッチ – Wikipedia

個人的に「ぼのぼの」や「よつばと」のような,悪人らしい悪人のいない世界で淡々と進んでいく平凡な日常を描いた作品好き,ということもありハマりました.早速視聴できる地域に住んでいる友人に頼んで,録画してもらっています(こういうときに北海道は不利だと痛感します)

「ぱにぽにだっしゅ!」で有名な新房昭之総監督作品なので,独特の色彩センスが新鮮な驚きを与えてくれます.一部演出面で首を傾げたくなるところもありますが……(原作を読まないと理解できないところがあったりして)
というか単に時間がなかっただけ?

オープニング曲の「スケッチスイッチ」はノリよく,「芸術だ 爆発だ 燃えてアフロ」など歌詞が電波っててとても好き.
エンディング曲の「芽生えドライブ」は女声微エレクトロでこれまた素敵です(まるで必殺技のようなタイトルですが名曲)

月一更新のインターネットラジオ「ひだまりラジオ」も面白いのでオススメです.バックナンバーも公開されているので,作業の片手間に聴くのに最適.

http://www.youtube.com/v/vbWZBCvgx1A

さて,この「ひだまりスケッチ」ですが,原作は4コマ漫画です.
あまり注意して見ていなかったのですが,ここ数年萌え4コマが流行っていて,それがアニメ化するという流れがあるようです.萌え4コマの原点といわれる「あずまんが大王」にはじまり,最近では「ドージンワーク」・「らき☆すた」など.

この流行の経緯が,まったく偶然(というか,うたわれるものらじおのインタビュー目当てで)購入していた「現代視覚文化研究」という本に,萌え系4コマ年代記(p120)としてまとめられています.
また,よく似た内容が4コマ漫画読みのblog(跡地) – 「萌え4コマ」歴史・現状・展望に書かれています.
個人サイトのファンアートな萌え4コマ漫画も面白いので,このフォーマットから新しい素敵な作品が生まれるのかもしれません.

参考

このエントリーは以下のリンク先の記事を参考・引用して書かれています.

関連記事

1 response

reply

#3667: Willem

date: 2014/11/19 14:06:45

An ineigltlent point of view, well expressed! Thanks!

respond